マジ格安! nuroモバイルバリュープラスの速度と感想

nuroモバイルのアイキャッチ

nuroモバイルのバリュープラスを使って2週間ほど経過したので感想を書く。nuroはソニーの子会社のソニーネットワークコミュニケーションズが提供するブランドだ。

選んだプラン

私は通話と5GBのデーター通信で月990円のプランを選んだ。

1番上のプランでも8GBで1,485円なので動画を見たい人には向かない。

一方で1番お得なプランは3GBで792円なのでライトユーザーにはかなりおすすめだが、使わなかったデーター通信量の持ち越しはできない。

移行手続き

以前私はDMMモバイルを使っていて、身売りで強制的に楽天モバイルユーザーになってしまっていた。そこから転出した形だ。

転入手続きは至って簡単だった。開通予約というのを行うのだが、説明書に書いてあるQRコードを読み込んでサイトに飛び、日付と日時を選ぶだけだ。私は当日の現在時刻を選択した。

不安な人は手数料を払ってnuroに代行してもらえるが、ネットでホテルを予約した事がある人は簡単にできるはずだ。

注意点は初期のSIMのPINが「0000」である事。うっかり間違えてロックがかかりそうになった。これはSIMにPINを設定しない人には無関係な話だが、私は落とした時の事を考えてPINを設定している。

実際の速度

この速度は平日の14時くらいに測定した。

時間帯によってはダウンロード30Mbpsくらいまで出るが、平均はこのくらいだ。

楽天モバイルと違ってお昼の混雑時でも固まる事はない。楽天モバイルは本当に酷かった。

楽天モバイルも5G圏外はドコモ回線のはずだが、遅すぎてお話にならなかった。DMMモバイル時代はそんな事はなかったのでドコモとの契約でケチったのだろう。本当に楽天は最悪の企業だ。

話をnuroモバイルに戻す。

ドコモ直属のMVNOのahamoでこの速度ならば腹立たしいが、普通のMVNOなのでまあ納得。

これだけ速度が出ていれば大概のことは問題なく行える。

通話は中継電話で半額

nuroモバイルの通話料金は22円/30秒だ。

nuroモバイルでんわという中継電話サービスを無料で、会員登録なしで使える。会員登録なしなのでありがたい。

そのアプリから電話をすれば11円/30秒で通話が行える。

ただしこのアプリが3年以上もアップデートがされておらず、アプリデザインが最新の大型iPhoneだと崩れるのがマイナス評価だ。

アプリの役目は通常の電話番号の前に0037-692を自動で付けて発信するという単純なものなので動作自体は問題ない。

ちなみに、まだ一回も電話を使っていない。プライベートで電話する事なんてあるのかな?

結論 動画見ないなら超おすすめ

動画をよく見る人はahamoがいいだろうが、 見ない人にはかなりおすすめだ。

特に、docomoの店舗で訳も分からず高いプランに加入させられている年配者に強く勧めたい。

SIMが届けば30分もかからずに使い始められるので身近に年配者がいる人はぜひやってあげてください。

以上。

ちなみにahamoとpovoの比較も書いているのでぜひ。