ガジェットと経済のサイト

パルスオキシメーターは絶対に買ってはいけない

テレビがCOVID-19を煽る中で、ここ最近でだしたフレーズが「血中酸素」とそれを測定する「パルスオキシメーター」である。よし、自分でも買おうと言う人が出だすと思うが、絶対に買ってはいけない。

Amazonで売ってるものは不良品です

まず、パルスオキシメーターの相場を知っているだろうか?

3万円から5万円はする。精密機器の医療器具なので当然だが。

で、Amazonで売っているのは3千円ほどだ。

しかもオムロンでもテルモでもない聞いた事もないメーカーで、販売元はチャイナである。

そんな不良品で測定した数値を信じて救急車を呼んだ日には医療崩壊どころの話ではなくなるだろう。

そもそも、救急車には本物のパルスオキシメーターが備わっているので具合が悪くなってからでも遅くはない。

Amazonで騙されないために

1, Amazonサクラチェッカーを使ってみる

2, 販売元の国を確認。CNはチャイナ。電話番号が+86始まりもチャイナ。

Apple Watch6でも測定可能だが・・・

血中酸素濃度はApple Watch6でも測定できるのだが、信頼がおけるものというほど、できはよくないようだ。

日頃の健康管理という意味では良いかもしれないが、それで病院へ行く、救急車を呼ぶというのはこれまた迷惑極まりないだろう。

参考 【独自検証】Apple Watch Series 6の血中酸素測定は使えるのか?

Exit mobile version